何事にもコンセプトを持つ

コンセプトを持って何事にも取り組むこと。
これが僕の中で不文律となっています。

コンセプトとはなにか??

 コンセプト≠目的

そう、目的と思われていますが、

「コンセプト」は「全体を通した基本的な考え方」

だそうです。
ああ、なるほど。コンセプトと言う言葉がしっくり来る理由が分かります。

◯コンセプトを持つと、物事の企画設計が最初は時間がかかるけど、軌道に乗ると一気に進みます。
◯コンセプトがないと、物事の企画設計が最初は前に進むけど、どこかで身動き取れなくなります。

・前者は最初に苦労します。
・後者は後から詰みます。

後者でも後からコンセプト設計すればいいのですが、まぁ、だいたいそれはうまくいきません。
なんでうまくいかないかは、、、簡単に言うと、とっ散らかるんです。それを整理できる能力があればいいんですけど、大体の場合はまとまりません。外の誰かにお願いしてまとめてもらわないといけないことがほとんど。

これ、トレーニングも一緒で、僕も後者の方法と高校2年までとってましたが、うまくいかないので東京都の強化合宿に無理やり頼み込んで行かせてもらってなんとかこの危機を乗り越え、その後はコンセプトを持ってトレーニングできたことで日本選手権を目指せるところまで行けました。

で、このコンセプトなんですが、誰でもコンセプトを持てるわけじゃないようです。

先程の僕の話でおわかりかもしれませんが、外で学んだことで、トレーニングの重要なポイントがわかったことで、コンセプトを設計できるようになったみたいです。

つまり、物事の大事な知識や経験がないとコンセプトを組めないんです。

そういえば、かなり陸上や運動系の本を読み漁りました。知識は一定量必要。何事も勉強が大事というのは嘘ではない。

学校で教わることは間違っていないんだけど、使い方を教えてくれるひつがいないのは致命的だな・・・。

とこの記事を書いてボソボソ・・・。

コンセプト設計とかある種クリエイター的な能力だけど、
これは練習次第で結構みんな身につくもののような気がする・・・。

面白いワークショップとか作れないかな・・・。

なんて思ってTwitterを見てたら、文章におけるコンセプト設計みたいな記事っぽいのがあったので、
シェア。

https://note.mu/take/n/n390d868c45f0

ちなみに、この記事を読んだ後に少し、この記事もリライト